2003年10月03日

規律訓練型権力から環境管理型権力へ

はてなダイアリー - 凡庸なる読書日記に東浩紀・大澤真幸対談『自由を考える 9・11以降の現代思想』 (日本放送出版協会2003年4月,4-14-001967-0, 1020円)の書評。


「対談ではまず、権力の変容が主題となり、規律訓練型権力と環境管理型権力について語られる。

前者は割と古典的な権力観で、文字通り個人を規律訓練し、標準化しようとする権力である。これに対し後者は今まさに現前しつつある権力観で、個人の多様性を尊重しながらも、環境を管理することによって、つまり人間の動物的側面を利用して、個人を支配する権力である。」

国立大学を独立行政法人化したところに、環境管理型権力を握る戦後行政の神髄を垣間見る。

tjst |10月03日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000179.html |荒廃の諸相
Comments

分類「 荒廃の諸相」の記事より

「権利(right)と特権(privilege)の違い」 - 10/18
国民愚弄の姿勢は総選挙の争点にならないのか? - 10/18
事態を甘く見すぎてはいないかーJCJ 視角より - 10/13
『悲劇の教訓』――もうひとつの9・11事件30周年を記念して - 10/13
書評:「ぷちナショナリズム症候群」香山リカ著 - 10/12
国対型国会運営の定番:「テロ特措法延長修正案」を提出し民主が自民を援助 - 10/03
JANJAN 9/10 「ODAで根こそぎにされた人々の問いかけ(1) コトパンジャン・ダム訴訟」 - 9/11
「衆議統裁」の蔓延 - 9/09
TUP 速報より「 [公開書簡] 彼らは何をやってしまったのか」 - 9/08
朝日新聞9/3「就学援助受ける児童生徒が急増 不況影響、10人に1人」 - 9/04
「悪化する職場のメンタルヘルス・・・・・」 - 8/28
出生率トップは父母とも「管理職」…人口動態調査 - 8/28
在日アメリカ人学者による大学批判の本 - 8/26
伊丹万作:「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。 - 8/13
[reform:04921] 都立大に吹き荒れるファシズムの嵐 - 8/05
「都立の新しい大学の構想について」に対して抗議する - 8/05
国公私立大学通信8月3日序 - 8/03
asahi.com 8/1:「単位バンク」で柔軟カリキュラム 統合後の都立新大学 - 8/02
「NHKは神か」 - 8/01
1998.12 「自由で独立した裁判官を求める市民の会」 - 7/30
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
黒田清「批判ができない新聞」 - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21