2003年07月22日

黒田清「批判ができない新聞」

日本との対話:不服の諸相 ロナルド・ドーア編 岩波書店 94年


黒田清
「(p.298〜 批判ができない新聞)日本のメディアは(中略)本来は現実
批判がもとにあったと思うんですが、気がついたら、批判できないよう
になっている。非常に大きいのは、政治についての批判がぎりぎりのと
ころでできなくなったことです。不幸なことに高度成長で日本の新聞社
は読者も増える、ページ数も増えるなど、いろいろなことで社屋を大き
くしなければならなくなって、特に東京で社屋の土地が無かったから、
自民党に頼んで国有地を安く売ってもらった。読売、朝日、毎日、産
経、みんなそうです。とても大きな借りを作ってしまった。だから新聞
記者が一生懸命何かを書こうと思っても、中枢のところで握手をしてい
ますから、突破できない。もう一つは、日本の新聞社の経営は、自己資
金が少ない。たとえば朝日や読売にしても、資本金は一億か一億五千
万、いま増資して三億とか五億とか、せいぜいその程度でしょう。そし
て銀行は、新聞社と手を結んでおいたらいいということで、ずっと貸し
ていた。この10年ほどで、その借入金が一桁か二桁、また増えたわけで
す。これはご存知のようにコンピュータシステムをとりいれたからで
す。そうなると金融機関に対するチェックは非常に甘くなりますね。だ
から、そのあと、土地問題、不動産問題、銀行の不正融資と、表に出て
いるのは知れたもので、さらにひどいことが金融機関をめぐってはやら
れていますよ。けれども、新聞はさわっていませんね」

(p.303)「はずかしいけれど、そう言われてもしかたないと思いますよ。
特に私は読売新聞にいましたから。読売新聞の幹部がどういう考えで新
聞をつくっているかというのは、社内に発表される社内報で知っていま
すから。それに私自身が辞める前は編集局次長で首脳会議に何年か出席
していたわけですからね。その時に驚いたのは、新聞記者、ジャーナリ
スト、マスコミの役割は−−あの人たちにはジャーナリストもマスコミ
もみんな一緒です−−政府が行政を行うのをサポートすることだ、と言
われたことです。私は三十年以上政府権力をチェックするという考え方
だったんですけれど、最後の数年は、サポートするんだとトップは考え
て紙面を作るようになっていた」

tjst |7月22日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000020.html |メディアの情報操作 , 荒廃の諸相 , 国会審議の形骸化 , 天下り , 本の紹介
Comments

分類「 メディアの情報操作, 荒廃の諸相, 国会審議の形骸化, 天下り, 本の紹介」の記事より

「朝日のイラク攻撃反対はニセモノ」 - 12/20
国立大学の独法化を煽ったジャーナリズム - 12/18
放送と人権等権利に関する委員会機構、NHKの放送倫理違反認める - 12/13
NHK の情報操作:「ようこそ日本人」が「ようこそ自衛隊」に - 12/12
読売新聞社の不公正報道に強く抗議する - 10/27
神奈川新聞社への横浜市立大学教員組合書簡 - 10/23
「ニュースをどこまで信じていますか?」 - 10/18
自民党行政改革推進本部が廃止を宣告した独法は廃止されるのか? - 9/06
「NHKは神か」 - 8/01
野村一夫「ジャーナリズムの構成要素は報道と言論である」 - 7/30
島田三喜男「新聞は戦争責任を忘れたのかーーマスメディアの体制化の一考察」 - 7/30
意見広告の会事務局より:新聞記事調査への協力依頼 - 7/29
読売新聞はいつまで情報操作を続けるのか? - 7/29
朝日新聞、NHKなどの虚偽報道について[35年前も「東大総長の信任投票」は行われていない] - 7/27
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
NHKより巧妙な朝日の粉飾報道:東大総長の「信任」 - 7/25
東大評議会についてNHKが誤報 - 7/24
意見広告の会より:地元紙の3−7月の報道状況のチェック依頼 - 7/24
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
朝日7/21「自立に向け意識改革を」についての質問書 - 7/23
毎日: <弁護士資格>大学教授への特権廃止 政府 - 7/23
落合恵子(作家)氏他:社民党の辻元さん等の逮捕に対する声明および賛同のお願い - 7/22
「法を守る」とは何かが問われている - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21