2004年10月03日

「意見広告の会」ニュース 198(2004.10.02)

*ニュースの配布申し込み、投稿は、
  qahoujin@magellan.c.u-tokyo.ac.jp まで、お願い致します。
** 目次 **
1 投稿 
  国家公務員への復帰を予定した理事就任は国立大学法人の独立性を脅かす
                      東北大学 川端望
2 投稿
 「排外主義」ニアミスのリスクを冒しても
                      佐賀大学 豊島耕一
3 危機を迎える都立大
   ◇教員側との協力体制の確立説く 「毎日新聞」10/1
***

国家公務員への復帰を予定した理事就任は国立大学法人の独立性を脅かす
    東北大学 川端望
 
この間、「国立大学法人法案に反対する意見広告の会」のニュースにおいて、国立大学
法人の理事に当該大学の元事務局長が就任していることが問題視されています。
 このことについて、私は論文「国立大学法人の管理運営制度と教員の地位」(『全大
教時報』第27巻第6号、2004年2月)で次のように述べています。
「従来の国立大学の制度では、副学長をおくとしても教授でなければならなかった(国
立学校設置法施行規則第2条第2項)。そして従来の教授会・評議会自治の発想からす
れば、この法的制約が外れても、また役員は教員を兼ねることができないとしても、や
はり主として教員から登用すべきということになる。しかし、研究・教育と経営の分離
を正面から受け止めるならば、役員会はいまや教員の代表ではなく、法人の経営者であ
る。人事・労務担当理事は人事・労務に精通し、これを大学経営の立場から合理的に遂
行できる者が就任すべきであり、それが教員でなければならない理由はないことになる
。外部から適切な専門家を招聘するか、それができないのであれば、学内の幹部事務職
員を人事・労務担当理事とすることも十分に考えられる。学内の事務職員から選任する
ことは、実際にその適性がある人物である限りにおいて、いわゆる「天下り」とは異な
るとみなすべきである。教員の側は、教員から理事を登用することに固執するのではな
く、人事・労務の専門家たる理事に経営責任を負わせ、自らは労働組合を通してこの理
事と交渉すればよいのである」
 この論文では、法人制度化での労使関係の重要性を述べるために役員人事の問題を事
例に用いています。つまり、評議会が最高意志決定機関でなくなり、役員会が経営責任
を負う制度になってしまった以上、役員会を教員代表とみなして、教員から選任するこ
とに固執するのは適当ではない、ということが言いたかったのです。この見解はいまも
変わっていません。そして、元事務局長が国立大学法人の理事になること自体は否定さ
れるべきではないと、現在も考えています。
 しかし、「意見広告の会」事務局との情報交換を繰り返すうちに、理事への就任の仕
方によっては、重大な問題が生じることがわかってきました。それは、元事務局長など
が、「役員出向制度」を利用して、理事に就任している場合です。もっとわかりやすく
言うと、元事務局長などが、国家公務員への復帰を予定して、理事に就任している場合
です。
 国立大学法人の理事は公務員ではありません。ですから、国家公務員たる文部官僚な
どが理事に就任しようとすれば、国家公務員を退職しなければなりません。そして、繰
り返しますが、退職した上で国立大学法人の理事に就任して、その職務に専念してくれ
るならば、そのこと自体は問題ないと私は思います。しかし、一時の職として理事とな
り、その後再び国家公務員となるならば、おおいに問題です。国立大学法人の、国から
独立した法人としての立場、大学の自主性が守れなくなるおそれが出てくるからです。
 復帰を予定した退職など、常識的には考えられません。しかし、「意見広告の会」と
の情報交換により、「役員出向制度」がこれを可能にしていることを知りました。
 「役員出向制度」は、2001年12月25日に閣議決定された「公務員制度改革大綱」に盛
り込まれたものです。そして、2003年の国家公務員退職手当法改正によって、制度化さ
れました。「国家公務員が国等への復帰を前提として退職をし、独立行政法人等の役員
に就任した場合には、退職手当を国等への復帰後の退職時にのみ支給することとするた
め、所要の規定を整備」(2003年6月総務省「国家公務員の退職手当制度の一部改正(
概要)」)したものであり、条文では同法の第7条の3がこれに該当します。改正以前
は、国家公務員が退職して独立行政法人等の役員に就任すると、まず国家公務員退職時
点で退職金が支給され、さらに独立行政法人等の役員を退職した時点でまた退職金が支
給されていました。これは、「天下りして退職金を二重取りしている」という批判を受
けていました。そこで、この改正では、国家公務員への復帰を前提に独立行政法人等の
役員に就任することができる制度をつくり、最初に国家公務員を退職した時点や、次に
独立行政法人等の役員を降りた時点では退職員を支給せずに、復帰後、国家公務員を最
終的に退職した時点でのみ退職金を支給することにしたのです。その際、国家公務員、
独立行政法人等役員、国家公務員の前在職期間を通算して退職金の金額を計算するので
す。もちろん、このためには独立行政法人等の就業規則が、これに整合する期間通算の
規定を持っていることが条件です。
 なお、ここでは「出向」の意味が通常とは大きく異なっており、このことがこの制度
のわかりにくさの一つの原因となっています。私もはじめは理解できませんでした。通
常の用語では、「出向」とは、出向元の企業の従業員としての身分を保持しながら、他
企業(出向先)の指揮監督下で就業することです。そうでなく元の企業を退職して別の
企業に移るのは「退職・採用」であり、親会社から子会社への移動などの場合には「転
籍」とも言われます。「役員出向制度」の場合は、役員就任時に国家公務員を退職する
のですから、通常の用語では「出向」ではないのです。趣旨としては、復帰を予定して
いるから「出向」だということなのかもしれませんが、民間企業では復帰を予定しない
「出向」もありますから、やはりおかしな言い方です。
 ともあれ、これで確かに退職金の二重取りはなくなるのでしょうが、別の問題が生じ
ます。独立行政法人等役員を、公然と、国家公務員のローテーションに組み込むことが
可能になってしまうということです。これでは、独立行政法人等の役員職にふさわしく
ない人物が、省庁のローテーションの都合で送り込まれるのではないか、政府からの独
立性が保てないのではないか、といった「天下り」批判で言われる別の問題が、そのま
ま残るか、かえって悪化しかねません。まして、制度の趣旨からいっても政府からの独
立性が強く求められる国立大学法人に「役員出向」するというのはとんでもないことで
す。文部官僚への復帰を予定した役員は、どうしても文科省の意向に反する行動を取り
にくくなります。従来の事務局長がそのような立場にあったことと同じ問題が、法人化
後も継続します。しかも、法人化以前は事務局長は評議会に参加してはいなかったのに
対して、法人化後は、理事が経営の責任と権限を持っていますから、そうした従属的立
場にあることはいっそう問題です。
 したがって、私は拙稿で述べた立場を次のように補充したいと思います。
 「国立大学法人の理事をすべて教員から選出すべきだという立場には合理性がない。
人事・労務担当理事などは、実際にそれを担う経営能力がある人物が就任すべきであり
、それは外部から来ても元事務局長であっても、それ自体は問題ではない。しかし、元
事務局長などの官僚が、国家公務員への復帰を予定して『役員出向』してくることは、
国立大学法人の政府からの独立性を損なう危険があるので、行うべきではない」。
 現在、国立大学法人の理事に元事務局長が就任している大学については、それが「役
員出向」なのか、そうでないのかをはっきりさせる必要があります。そして、「役員出
向」中の理事については、「役員出向」を中止して国家公務員を完全に退職し、国立大
学法人の経営に専念することを要求すべきでしょう。それに応じない理事は、経営者と
しての資格が問われます。また、「役員出向」は今後実施しないことを各大学の方針と
して明確にさせるとともに、文部科学省には「役員出向」の押しつけを決して行わない
ことを求めるべきでしょう。

※「役員出向制度」の理解については、「意見広告の会」事務局との情報交換がたいへ
ん役に立ちました。お礼を申し上げます。ただし、この文章に表現されている意見は私
個人のものです。

※引用文献
川端望「国立大学法人の管理運営制度と教員の地位」
http://www.econ.tohoku.ac.jp/~kawabata/ronbun.htm
公務員制度改革大綱
http://www.gyoukaku.go.jp/jimukyoku/koumuin/taikou/index.html
国家公務員の退職手当制度の一部改正(概要)
http://www.soumu.go.jp/jinji/pdf/teate_t15a.pdf

2 「排外主義」ニアミスのリスクを冒しても
                   佐賀大学 豊島耕一

 ニュース196にありました,「2−1 東京都立高:日の丸・君が代、生徒指
導に職務命令 2校長」のニュースに本当に憂慮しています.

 攻撃はどんどんエスカレートして行きますが,恐いのは,反撃がこれに比例して
盛り上がっているようでもなく,逆にだんだん慣らされていくのではないか,とい
うことです.このような事態がほとんど「野放し」になっているのは,メディアの
責任もさることながら,民衆の多くがこれを異常だと思わないことが背景にあるの
ではないでしょうか.

 そのような多数の人々の気持ちに割り込むには,つまり「バカの壁」に少しでも
ヒビを入れるには,どのような心理装置が,どのような言説が必要なのだろうか,
と考えます.

 一つには,日ごろから「憎し憎し」と刷り込まれている対象,つまり金正日と,
たとえば石原慎太郎とをうまく重ねる言説を,あるいはむしろカリカチュアがより
有用かも知れませんが,開発することではないでしょうか.たとえ,見かけ上に過
ぎないにせよ「排外主義」にニアミスするリスクを冒しても,です.左翼・リベラ
ル派は「排外主義」を警戒する余り,このまたとない材料を無駄にしているように
思います.

 「戦争責任」という言葉に対しては,26日の毎日新聞に紹介されましたが,長崎
大の高橋眞司氏が「若者の戦前責任」というすばらしい言葉を開発しておられます.

 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20040926ddm002070159000c.h
tml
 http://www.edu.nagasaki-u.ac.jp/private/philnaga/sekininn.html

 文系の人の重要な仕事の一つは,このようなパワーを持つ言説や画像を産み出す
ことではないでしょうか.高い「生産性」をお願いしたいと思います.

3 毎日新聞 朝刊 10/1
 ◇教員側との協力体制の確立説く

 都が都立4大学を統廃合して来春の開学を目指している「首都大学東京」について、
文部科学省の大学設置・学校法人審議会が21日に設置を認める答申をした際、公表し
た5項目の「留意事項」に加え、非公表で「その他の意見」3項目を都に伝えていたこ
とが分かった。「都市教養学部」の名称に疑義を呈したり、教員側との協力体制を確立
する必要性を説いていた。

 設置審は「その他の意見」で、「『教養』という普遍的性格を持つ語に、『都市』と
いう限定的な語を冠することに違和感を覚える場合もある」と指摘したうえで、「開学
に先立ち学部・学科の名称を再検討することを妨げるものではない」と付記した。

 また、「教育研究の質を担保するには、教員の意欲・モラルの維持・向上を図ること
が必要」として、都側に「教職員が一致協力して開学準備にあたる機運の醸成」に努め
るよう求めた。さらに、新大学が使命に掲げる「大都市における人間社会の理想像の追
求」についても、「様々(さまざま)な学問的アプローチが必要」との認識を示し、「
均衡のとれた教育研究体制の構築」に向けての努力を求めた。

tjst |10月03日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000627.html |意見広告の会ニュース
Comments

分類「 意見広告の会ニュース」の記事より

転載:「意見広告の会」ニュース210(2004.10.31) - 11/06
転載:「意見広告の会」ニュース209(2004.10.30) - 10/30
「意見広告の会」ニュース208(2004.10.28) - 10/28
転載:「意見広告の会」ニュース207[2004.10.26] - 10/26
転載:「意見広告の会」ニュース206(2004.10.24) - 10/24
転載「意見広告の会」ニュース205[2004.10.21] - 10/21
転載「意見広告の会」ニュース204 [2004.10.19] - 10/19
転載:「意見広告の会」ニュース No 203[2004.10.17] - 10/17
転載:「意見広告の会」ニュース202 [2004.10.14] - 10/14
転載:「意見広告の会」ニュース No 201 (2004.10.12) - 10/12
「意見広告の会」ニュース200 2004.10.08 - 10/09
「意見広告の会」ニュース199 (2004.10.06) - 10/06
「意見広告の会」ニュース196 (2004.9.27) - 10/03
「意見広告の会」ニュース195 2004.9.25 - 9/25
「意見広告の会」ニュース194 - 9/24
[AcNet Letter 71] 東京都立大学評議会見解2004.3.9 - 3/13
フランスにおける科学者・研究者たちの闘い――「研究を救おう!」をめぐる三週間の動き - 2/04
「意見広告の会」ニュース87 - 1/19
意見広告の会ニュース83号 - 1/14
法人化に賛成した国立大学長への謝罪と損害賠償の要求 - 12/27
「意見広告の会」ニュース77 - 12/27
抗議辞職した都立大四教授支持声明 - 12/24
「意見広告の会」ニュース71(2003.12.13) - 12/13
「意見広告の会」ニュース 70 (2003.12.12) - 12/13