2004年02月21日

「私立大学教員倫理綱領」

私立大学連盟 > 経営倫理の啓発活動

■ 「私立大学教員倫理綱領−私立大学教員の義務と責任−」の刊行
教員倫理委員会

本連盟では、平成14年度に設置された教員倫理委員会が私立大学教員の職業倫理を鮮明にすることに努めたその成果として、平成15年3月、「私立大学教員倫理綱領」を刊行した。同綱領を各加盟大学が参照され、それぞれの大学にふさわしい独自の「教員綱領」を作成されることを期待し、そのための「雛型」(サンプル)として提供するものである。

東京経済大学山田晴通研究室のサイトに掲示されている。一見すると当然の項目が多いが、たとえば「反社会的行為に加担しない。」などは「反社会的」という言葉はいくらでも広く解釈されるので問題がある。また、「 担当主題と無関係な問題を教室に持ち込まない。」は知識の切り売りを奨励していることにならないか。大学での教育の主眼は、専門的知識の伝授だけでなく、それを通して学生の関心を日常的個人的私的関心を越えてどこまで広げ深められるか、というところにある(ありたい)。

tjst |2月21日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000536.html |私立大学「改革」の諸問題
Comments