2004年01月19日

Publicity 833「戦中の非国民か、戦後の戦犯か」

【Publicity】No.833(2004/01/19/月)
戦中の非国民か、戦後の戦犯か/「帝国の治外法権」(その2)/「幕末維新新選組」
購読申し込み:http://www.emaga.com/info/7777.html

▼「安全でないと派遣できない」とイラク特措法に書いてある のに、必ずしも安全ではない場所に派遣する、幼稚園児にもわ かる矛盾を、この国は自然に受け容れているように思う。 「陸自先遣隊の派遣」という言い方が、はやくも定着してきた が、本誌で何度も書いてきたことだが、これは言葉の「言い換 え」だ。正しくは、「イラク派兵」に他ならない。オランダ軍 の庇護を受けないと滞在できない場所(安全なら、なぜオラン ダ軍がいるのだ?)に、武器を持った集団が行くのだから、ど う目をこすっても、「派遣」ではないだろう。 「敗戦」を「終戦」に、「占領軍」を「進駐軍」に、「盗聴法 」を「通信傍受法」に、「空襲」を「空爆」に、そして「派兵 」を「派遣」に。基本的には同じだと思う。 ▼シニカルに過ぎるかもしれないが、たとえマスメディアが行 っても、行かなくても、報道の質に大差ないのではないか?  とも思ってしまう。いずれにしてもこれからの数ヶ月は、各メ ディアの民度が露骨に問われることになるだろう。 戦中に非国民となるか。戦後に戦犯となるか。その瀬戸際なの かも知れないナ――読者諸賢からの慎重かつ大胆な投稿を、お 待ち申し上げております。<(_ _)>
tjst |1月19日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000473.html |荒廃の諸相
Comments

分類「 荒廃の諸相」の記事より

「権利(right)と特権(privilege)の違い」 - 10/18
国民愚弄の姿勢は総選挙の争点にならないのか? - 10/18
事態を甘く見すぎてはいないかーJCJ 視角より - 10/13
『悲劇の教訓』――もうひとつの9・11事件30周年を記念して - 10/13
書評:「ぷちナショナリズム症候群」香山リカ著 - 10/12
規律訓練型権力から環境管理型権力へ - 10/03
国対型国会運営の定番:「テロ特措法延長修正案」を提出し民主が自民を援助 - 10/03
JANJAN 9/10 「ODAで根こそぎにされた人々の問いかけ(1) コトパンジャン・ダム訴訟」 - 9/11
「衆議統裁」の蔓延 - 9/09
TUP 速報より「 [公開書簡] 彼らは何をやってしまったのか」 - 9/08
朝日新聞9/3「就学援助受ける児童生徒が急増 不況影響、10人に1人」 - 9/04
「悪化する職場のメンタルヘルス・・・・・」 - 8/28
出生率トップは父母とも「管理職」…人口動態調査 - 8/28
在日アメリカ人学者による大学批判の本 - 8/26
伊丹万作:「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。 - 8/13
[reform:04921] 都立大に吹き荒れるファシズムの嵐 - 8/05
「都立の新しい大学の構想について」に対して抗議する - 8/05
国公私立大学通信8月3日序 - 8/03
asahi.com 8/1:「単位バンク」で柔軟カリキュラム 統合後の都立新大学 - 8/02
「NHKは神か」 - 8/01
1998.12 「自由で独立した裁判官を求める市民の会」 - 7/30
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
黒田清「批判ができない新聞」 - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21