2004年01月18日

自衛隊のイラクへの派遣に反対する数学者の声明への賛同呼びかけ

自衛隊のイラクへの派遣に反対する数学者の声明

2004年 1月

小泉内閣は,イラクへの自衛隊派遣を決定し,
すでに先遣隊員を派遣しました.

武器を携えた自衛隊を準戦闘地域のイラクに派遣することは,
日本が,国際法に違反している米英のイラク攻撃と占領を,
積極的に支持し荷担することを意味します.
また,イラクの民衆に銃口を向けることになるかもしれません.

これらのことは明らかに日本国憲法,とりわけ
前文と第9条の理念に反します.

我々数学に関わる者は,このような自衛隊の派遣に反対し,
イラクの復興支援は,イラクの人々の意向に基づき国連の枠組みで
なされるべきものと考え,ここに声明を発表し,
この声を拡げたいと考えます.

Date: Sun, 18 Jan 2004 02:18:00 +0900
From: yutaka saburi
Subject: あらためて賛同を呼びかけます

佐分利です

この email は、Bcc にて知人や、過去に平和を求める数学者の声明に署名をしてくださった皆さんにお送りしています。

1月2日付けで、「自衛隊のイラク派遣に反対する数学者の声明」への賛同を呼びかける email をお送りしていました。
その後、呼びかけ人が新たに加わってくださったこともあり、あらためて賛同を呼びかけさせていただきます。
皆さんの賛同と、知人の方々への賛同依頼をお願いいたします。
寄せられた賛同署名は、政府や政党、報道機関その他に送ることで、私たちの意見表明としたいと考えます。

以下、あらためて「声明」と賛同署名の呼びかけ人を紹介し、賛同署名の方法、および運動のスケジュールなどをお伝えします:

(1) 「声明」文
(2) 賛同署名の呼びかけ人
(3) 賛同署名の方法(匿名もありです)
(4) 賛同署名の期間(締切1月31日)
(5) 集会とデモ
(5-1) 日 時: 2月1日(日)13:00〜15:30
    場 所: 大学生協渋谷会館
(5-2) メッセージの募集
(6) mathfp にご参加を

詳細:

(1) 「声明」文

自衛隊のイラクへの派遣に反対する数学者の声明

2004年 1月

小泉内閣は,イラクへの自衛隊派遣を決定し,
すでに先遣隊員を派遣しました.

武器を携えた自衛隊を準戦闘地域のイラクに派遣することは,
日本が,国際法に違反している米英のイラク攻撃と占領を,
積極的に支持し荷担することを意味します.
また,イラクの民衆に銃口を向けることになるかもしれません.

これらのことは明らかに日本国憲法,とりわけ
前文と第9条の理念に反します.

我々数学に関わる者は,このような自衛隊の派遣に反対し,
イラクの復興支援は,イラクの人々の意向に基づき国連の枠組みで
なされるべきものと考え,ここに声明を発表し,
この声を拡げたいと考えます.


(2) 賛同署名の呼びかけ人

秋山 茂樹  (新潟大学)     荒井 嘉夫  (桐朋中・高等学校)
安藤 豊  (元東京水産大学)  伊原 康隆  (元京都大学)
上野喜三雄 (早稲田大学)    上野 正  (元東京大学)
江口 正義  (東京海洋大学)   遠藤 幹彦  (元立教大学)
大森 和子  (数学教育協議会)  岡部 恒治  (埼玉大学)
笠原 乾吉  (元津田塾大学)   川島 義孝  (数学教育協議会)
岸本 量夫  (元信州大学)    銀林 浩  (元明治大学)
久野はるみ (数教協・小学校)  久保田幸次 (元北海道大学)
小島 和美  (数学教育協議会)  小島 順  (元早稲田大学)
小寺 隆幸  (数学教育協議会)  齋藤 恭司  (京都大学)
榊忠 男  (数学教育協議会)  佐藤 文広  (立教大学)    
佐分利 豊  (千葉短期大学)   白岩 謙一  (元名古屋大学)
瀬山 士郎  (群馬大学)     高野 恭一  (神戸大学)
竹内 茂   (岐阜大学)     田中 茂  (津田塾大学)
玉川安騎男 (京都大学)     塚田 和美  (お茶の水女子大学)
辻下 徹  (北海道大学)    長岡 一昭  (津田塾大学)
中川 律子  (数学教育協議会)  永島 孝  (元一橋大学)
中根 静男  (東京工芸大学)   中原 宣  (数教協・米子松蔭高校)
中村 潤  (数教協・向陵高校) 中村 強 (平和・人権・教育と文化を考える会)
中村 元  (桐朋中・高等学校) 仲本 正夫  (埼玉大学)
西岡 國雄  (東京都立大学)   西岡 啓二  (慶応大学)
広中由美子 (早稲田大学)    福富 節男  (元東京農工大学)
牧野 哲  (山口大学)     増島 高敬  (数教協・自由の森学園)
益本 克彦  (数学教育協議会)  松井 幹夫  (数教協・自由の森学園)
森  真  (日本大学)     谷口 彰男  (日本大学)
矢島 敬二  (東京理科大学)   柳原 二郎  (元千葉大学)
山岸 昭則  (数教協・福井大学) 山野下とよ子(数学教育協議会)
山森 康雄  (数学教育協議会)  吉田 克明  (日本大学)
渡辺 毅  (岡山理科大学)


(3) 賛同署名の方法(匿名もありです)

(3-1) Email の場合は  佐藤文広(立教大学)sato@rkmath.rikkyo.ac.jp

         宛てで、次の書式にしていただけるとありがたいです。

         Email の件名: sign up
             本文: 名前(所属) ふりがな

            (例) 佐分利 豊(千葉短期大学)さぶり ゆたか

(3-2) Fax の場合は   安藤 豊 (元東京水産大学)Tel/Fax: 046-846-3522

         宛てで、「声明賛同」 と記した上で、
             「名前(所属) ふりがな」 をお伝えください。

(3-3) 呼びかけ人宛てに賛同の意を伝えていただいても結構です。

   その際も 「名前(所属) ふりがな」 の3項目をお伝えください。

(3-4) 匿名を希望される方は、その旨をお申し出ください。

(3-5) 署名用紙

   署名用紙は任意でお作りいただいてもけっこうですが、本 email に
   一太郎ファイルとして作ったものを添付しました。
   他に、以下から署名用紙の pdf ファイルと dvi ファイルを読み込む
   ことができます:
  http://www.edu.waseda.ac.jp/~hironaka/peace.html

(3-6) 数学関係者以外の賛同署名

   数学関係者以外の署名も受付けます。
   その場合は、専門なども明記いただけますようお願いいたします。

(4) 賛同署名の期間

  署名のしめきりは1月31日です。

(5) 集会とデモ

  賛同署名とともに、「自衛隊のイラクへの派遣に反対する集会」とデモを
  行います。


(5-1) 日 時: 2月1日(日)13:00〜15:30
   場 所: 大学生協渋谷会館

       Tel:03-3486-5293
       JR 原宿駅から徒歩10分
       JR 渋谷駅から徒歩13分
       地下鉄明治神宮前駅から徒歩7分


(5-2) メッセージの募集

  集会参加者は、その場で意見を述べあうことができるのですが、参加でき
  ない方にはそのような機会がありません。
  そこで、今回は、事前に、参加できない方のメッセージも募ることにしま
  した。

  メッセージの送り先:  佐分利 豊(千葉短大)
             Email: saburi@cds.ne.jp
             Tel/Fax: 045-625-2302
             〒232-0848 横浜市中区鷺山 106-1B

  メッセージを email で送ることができないという場合でも、
  できれば Windows の上で読むことのできる file をお送りいただけるとあ
  りがたいです。


(6) mathfp にご参加を

  日本社会における平和と戦争をめぐるせめぎ合いがクリティカルな様相を強
  めている中、数学者の平和運動のための mailing list "mathfp" にご参加
  ください。
  参加費は無料です。
  参加の申し込みは下記まで:

  佐分利 豊 <saburi@cds.ne.jp>

tjst |1月18日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000471.html |イラク戦争 , 研究者から社会へ
Comments

分類「 イラク戦争, 研究者から社会へ」の記事より

元防衛庁教育訓練局長「シビリアンコントロールに対する信頼が失われます」 - 12/24
山口二郎氏「イラクへの自衛隊派遣に反対する」 - 12/23
国際政治学者と国際法学者の違い - 12/22
与党自らが情報操作を行わざるを得ない理由 - 12/22
"「自衛隊派遣は仕方の無いこと」そこで思考停止だ" - 12/21
「私たちは日本を歓迎します。しかし断じて「今」ではないのです。」 - 12/21
無関心という「罪」の重さ - 12/21
政府のスポークスマンを演じる記者 - 12/21
イラク特需のための自衛隊派遣か - 12/21
陸自説明会で家族が劣化ウラン弾の影響を懸念 - 12/21
「砂漠地帯に宿営する自衛隊員の被ばくは避けられないのではないか」 - 12/20
「そんな中で日本の首相官邸だけが悲壮感を漂わせ・・・」 - 12/20
「朝日のイラク攻撃反対はニセモノ」 - 12/20
"People are now free to fight for their country's sovereignty and not Saddam" - 12/18
"その都度、人間は安易な処方箋を信じて自壊への道をたどった" - 12/17
「最先端の測定装置で被曝の数値を測り安全度を確認する必要性」 - 12/14
「なぜ、銃撃戦の真最中に戦車に石を投げ付けてくるやつがいるのか」 - 12/14
ブッシュ政権下でのイラク撤兵の可能性 - 12/13
「日米安保条約を尊重すればイラク派兵はできない」 - 12/13
NHK の情報操作:「ようこそ日本人」が「ようこそ自衛隊」に - 12/12
「政治家はこの程度の理屈で、国民を戦争に行かすのか」 - 12/11
サマーワでの被爆問題 - 12/09
「死んでからでは何も言えない」 - 12/07
自衛隊イラク派遣、欧州で「断念」報道相次ぐ - 11/16
元防衛庁教育訓練局長:自衛隊のイラク派遣を行わないことを首相に求める要望書 - 10/29