2004年01月10日

自衛隊師団長によるデモ自制要求についての山口二郎氏のコメント

PUBLICITY No.824(2004/01/08/木) 【投稿紹介】の転載
Publicity 登録:http://www.emaga.com/info/7777.html

自衛隊のイラク派遣という憲法違反が、師団長によるデモ自制要求という新たな憲法違反を生み出している・・・・・・
▼軍優先の社会への移行〜山口二郎氏

▼北海道大学の山口二郎氏から、以下の文章をいただいた。ひでぇ話である。一つの出来事が、非常に重大な問題をいくつか孕んでいる。この文章を読めば、ぼくが山口氏の文章を「端正だ」と感じる感覚を、多くの読者にも共有していただけるだろうと思う。


軍優先の社会への移行・・・
第11師団長によるクーデターの予告

竹山さん、いつもご苦労様です。大変勇気づけられながらよんでいます。

自衛隊派兵に関連して、北海道でとんでもないことが起こっているのをご報告します。みなさんにも伝えてください。

1月6日、札幌雪祭りの雪像づくりの作業開始式で、雪像づくりを行う自衛隊第11師団(札幌市真駒内駐屯)の師団長は、雪祭り会場の大通公園周辺で、イラク派兵に反対する市民のデモ、行動が起こった場合、自衛隊が雪像づくりから撤収する可能性があると述べた。

これに対して、札幌市は自衛隊の雪像づくりを円滑に進めるため、大通公園付近における市民の集会、デモ等に対して、公園の管理者として退去するよう指導するという方針を決めた。(以上の事実経過は、北海道新聞1月6日夕刊および7日朝刊による)

私はこの記事を読んで、クーデターの予告だと思いました。雪祭りを人質にとって、イラク派兵に反対する市民の活動をするなと、自衛隊の責任者が堂々と恫喝したのです。

政府の行動、方針に対して意見を表明する自由は、民主主義の大前提であり、基本的人権の根幹です。

これに対して自衛隊の責任者が正面から挑戦するとは、一体どういうことか。

自衛隊員が、国民の支持のもとにイラクに行きたい気持ちは分かりますが、国民に対して派兵に反対するなと要求することとは全く別です。

自衛隊員にはそのような要求を行う権利はないわけで、この師団長の発言は明らかな越権行為です。

雪祭りの手伝いをしてほしければ、市民として当然の権利行使を控えろと要求するその態度は、クーデターを起こす軍人のそれにつながるものだと思います。

自衛隊のイラク派遣という憲法違反が、師団長によるデモ自制要求という新たな憲法違反を生み出しているわけです。

さらに大きな問題は、札幌市役所が自衛隊のご機嫌を取るあまり、大通公園付近における市民の行動についてあらかじめ抑制する方針を決めたということです。

法に基づいて市民の権利を擁護すべき市役所が、自衛隊のご機嫌を取るために市民の権利を制約するなどというのは、言語道断です。

上田札幌市長は、市議会で派兵に反対する意志を明確にしていたので、市役所のお偉方は自衛隊との関係について神経過敏になっているのでしょう。

それにしても、このような市役所の対応は、これまた法の支配の否定であり、軍への従属です。

この出来事は、日本の社会が軍優先に移行しつつあることを如実に物語っています。

もう1つの問題は、メディアです。

こんな重大な発言をきちんと取り上げないメディアとは一体なんでしょうか。

北海道新聞は6日の夕刊の1面トップでこれを報道し、7日の社説でも自衛隊を批判していました。

しかし、大新聞では、私の見た限り、日経が短く報道しただけで、他は全く触れていませんでした。

朝日、毎日は何をやっているのだ。

またNHKも、6日夜のニュースで、自衛隊の活躍を紹介する記事(イラン地震救援隊、松島航空基地のジェット機訓練、雪祭り雪像製作開始)を流していました。

その中で、当の問題発言をした師団長の式辞も流していたのですが、厳しい環境の中で雪像を作るという部分を紹介しただけで、市民社会に対する挑戦的な言辞の部分はカットしており、そうした問題発言をしたという報道は全くありませんでした。

昨今のNHKの姿勢からすれば驚くに値しませんが、それにしてもこれほどまでに権力を翼賛する報道をしていて彼らは恥ずかしくないのでしょうか。

最後に、自衛隊にただ乗りして、一部の業者の利権と化した雪祭りなんぞ、この機会にやめちまえ。

1月11日12時半からの、日比谷公会堂における派兵反対集会に、一人でも多くの方のご参加をお願いします。

山口二郎


tjst |1月10日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000450.html |日本国憲法と教育基本法の改正問題
Comments

分類「 日本国憲法と教育基本法の改正問題」の記事より

宮台氏『私たちは「憲法が国家への命令」であるのを知っているか』 - 2/14
自衛隊イラク出兵 に宮城県学者・文化人・法律家有志279名 緊急抗議声明 2004.1.16 - 1/17
「なぜなら、イラクは出口のない泥沼だからだ」 - 1/13
アクション111:小樽ー東京ー大阪ー京都ー呉ー鳥取ー香川ー北九州 - 1/11
国際平和ミュージアム館長:自衛隊派遣の閣議決定を厳しく批判 - 12/30
池澤夏樹氏「自衛隊の派遣は大きな間違いであるとぼくは考えます。」 - 12/28
岩井 春樹「憲法9条の詩」 - 12/27
ネット署名:自衛隊のイラク派遣に反対する研究者の声明 - 12/26
高校生の参加メモ:教育基本法改悪反対12・23全国集会 - 12/26
教基法改正反対市民集会12/23に4000人が参加 - 12/24
本日11時半より教育基本法を守る全国集会:於日比谷公会堂 - 12/23
「なぜ、銃撃戦の真最中に戦車に石を投げ付けてくるやつがいるのか」 - 12/14
ブッシュ政権下でのイラク撤兵の可能性 - 12/13
「日米安保条約を尊重すればイラク派兵はできない」 - 12/13
「政治家はこの程度の理屈で、国民を戦争に行かすのか」 - 12/11
CEBcアンケートへの6政党回答:憲法・教育基本法改正の是非について - 11/06
元防衛庁教育訓練局長:自衛隊のイラク派遣を行わないことを首相に求める要望書 - 10/29
改竄された教育改革フォーラムの議論 - 10/19
国立大学法人制度下の使命 - 8/20
中村北大総長 最高裁の司法消極主義を批判 - 8/10