2003年12月22日

与党自らが情報操作を行わざるを得ない理由

Yahoo!ニュース - 政治 - 共同通信オランダ軍厳重警備で散髪 神崎代表視察会見に疑問符

陸上自衛隊が活動を予定しているイラク南部サマワで、オランダ軍司令官が厳重な警備付きで散髪している様子を日本人ジャーナリストがビデオ撮影 していたことが22日分かった。
 サマワを視察した神崎武法公明党代表は20日、同軍司令官から「散髪に出掛ける際も単身」と説明され、クウェート市での記者会見で「サマワは比較的安全」と述べ、陸自派遣に慎重だった公明党首脳が安全性にお墨付きを与えたと受け止められていたが、同代表の視察内容に大きな疑問符が付いた。・・・・・

連立与党の党首の1人が自ら命の危険を冒してまで情報操作を行わざるを得ないということは、自衛隊イラク派遣へのNo! という国民の意思が決定的であることを間接的に証明しているのではないだろうか。

HIROPRESS.net 2003 年 Last modified: Mon, 22 Dec 2003, 12:26 PM JST より

皆様(BCC配信で失礼します)

 サマワを訪問した公明党の神崎氏が以下の発言をしています。
 『神崎氏はサマワ市内を案内したオランダ軍司令官から「ヘルメットもかぶる必要はない」「街に散髪に出掛ける際にも単身で防弾チョッキも着けない」と説明されたことを紹介。「当初は危険と思っていたが、決してそういうことはなかった」と述べた。』( 共同通信 12月21日配信記事から )

 しかし、私が11月26日にサマワを取材したとき、ちょうどオランダ軍司令官がサマワの街の床屋で散髪していましたが、その周囲は何人もの兵士が銃を構えての警備態勢を取ってました。

 また、ヘルメット姿の兵士もいました。
 神崎氏への説明と矛盾しています。

 それらの証拠写真( 実際はビデオ映像 )を、
HP http://www1.odn.ne.jp/watai で一部公開しています。
 ご覧いただければ幸いです。

お問い合わせは、
アジアプレス東京事務所 電話 03-5465-6605
か、メールで。

…………………………………………………
綿井健陽 WATAI Takeharu
Homepage [綿井健陽 Web Journal]
http://www1.odn.ne.jp/watai
…………………………………………………

tjst |12月22日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000389.html |イラク戦争
Comments

分類「 イラク戦争」の記事より

元防衛庁教育訓練局長「シビリアンコントロールに対する信頼が失われます」 - 12/24
山口二郎氏「イラクへの自衛隊派遣に反対する」 - 12/23
国際政治学者と国際法学者の違い - 12/22
"「自衛隊派遣は仕方の無いこと」そこで思考停止だ" - 12/21
「私たちは日本を歓迎します。しかし断じて「今」ではないのです。」 - 12/21
無関心という「罪」の重さ - 12/21
政府のスポークスマンを演じる記者 - 12/21
イラク特需のための自衛隊派遣か - 12/21
陸自説明会で家族が劣化ウラン弾の影響を懸念 - 12/21
「砂漠地帯に宿営する自衛隊員の被ばくは避けられないのではないか」 - 12/20
「そんな中で日本の首相官邸だけが悲壮感を漂わせ・・・」 - 12/20
「朝日のイラク攻撃反対はニセモノ」 - 12/20
"People are now free to fight for their country's sovereignty and not Saddam" - 12/18
"その都度、人間は安易な処方箋を信じて自壊への道をたどった" - 12/17
「最先端の測定装置で被曝の数値を測り安全度を確認する必要性」 - 12/14
「なぜ、銃撃戦の真最中に戦車に石を投げ付けてくるやつがいるのか」 - 12/14
ブッシュ政権下でのイラク撤兵の可能性 - 12/13
「日米安保条約を尊重すればイラク派兵はできない」 - 12/13
NHK の情報操作:「ようこそ日本人」が「ようこそ自衛隊」に - 12/12
「政治家はこの程度の理屈で、国民を戦争に行かすのか」 - 12/11
サマーワでの被爆問題 - 12/09
「死んでからでは何も言えない」 - 12/07
自衛隊イラク派遣、欧州で「断念」報道相次ぐ - 11/16
元防衛庁教育訓練局長:自衛隊のイラク派遣を行わないことを首相に求める要望書 - 10/29