2003年12月21日

政府のスポークスマンを演じる記者

12月21日のサンデーモーニングで、毎日新聞の岸井成格 という人が再び「新聞界は自衛隊イラク派遣の支持を決断した、今後の日本の国益には不可欠だと判断したからだ」という趣旨の発言をしていた。世論に抗して「新聞界が内閣の決定を支持する」などという発言自身が驚くべきものだが、そのようなことを事も無げに言い、しかも内閣の主張を鸚鵡返しに伝える以上、ジャーナリストの看板を降ろし政府スポークスマンと名乗るべきではないか。
 半年前の以下の発言とはどう整合するのか?政府を支持する、政府は説明が不足しているから自分が説明してあげよう、という以外に一貫した姿勢があるのか?
矛盾に満ちた日本の国是 2003,年3月11日 毎日新聞より

「日本政府は一貫して国連中心の平和解決を望み、一方でアメリカに自制を求め、他方で国連が一致してイラクに圧力をかけ続ける必要性を説いてきた。この姿勢は間違っていないと思う」
 問題は、なぜ政府はそうした経過を国民に分かりやすく説明しないのか、またアメリカに自制でなく武力行使反対と言えないのか、ということだ。
tjst |12月21日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000383.html |イラク戦争 , メディアの情報操作
Comments

分類「 イラク戦争, メディアの情報操作」の記事より

「朝日のイラク攻撃反対はニセモノ」 - 12/20
国立大学の独法化を煽ったジャーナリズム - 12/18
放送と人権等権利に関する委員会機構、NHKの放送倫理違反認める - 12/13
NHK の情報操作:「ようこそ日本人」が「ようこそ自衛隊」に - 12/12
読売新聞社の不公正報道に強く抗議する - 10/27
神奈川新聞社への横浜市立大学教員組合書簡 - 10/23
「ニュースをどこまで信じていますか?」 - 10/18
自民党行政改革推進本部が廃止を宣告した独法は廃止されるのか? - 9/06
「NHKは神か」 - 8/01
野村一夫「ジャーナリズムの構成要素は報道と言論である」 - 7/30
島田三喜男「新聞は戦争責任を忘れたのかーーマスメディアの体制化の一考察」 - 7/30
意見広告の会事務局より:新聞記事調査への協力依頼 - 7/29
読売新聞はいつまで情報操作を続けるのか? - 7/29
朝日新聞、NHKなどの虚偽報道について[35年前も「東大総長の信任投票」は行われていない] - 7/27
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
NHKより巧妙な朝日の粉飾報道:東大総長の「信任」 - 7/25
東大評議会についてNHKが誤報 - 7/24
意見広告の会より:地元紙の3−7月の報道状況のチェック依頼 - 7/24
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
朝日7/21「自立に向け意識改革を」についての質問書 - 7/23
毎日: <弁護士資格>大学教授への特権廃止 政府 - 7/23
黒田清「批判ができない新聞」 - 7/22
落合恵子(作家)氏他:社民党の辻元さん等の逮捕に対する声明および賛同のお願い - 7/22
「法を守る」とは何かが問われている - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21