2003年12月20日

「朝日のイラク攻撃反対はニセモノ」

【月刊あれこれ Mail Magazine】2003年12月20日(土)発行
星徹(ルポライター) 米国のイラク侵略を是認する朝日新聞 より

私は以下の文章を朝日新聞「私の視点」欄あてに投稿したが、予想どおり掲載されなかった。
【朝日のイラク攻撃反対はニセモノ】(2003年4月15日投稿)
・・・・・私が疑問に思うのは、開戦前には「この戦争には理がない」などと述べてい たのが、攻撃が始まるやいなや、攻撃の「部分容認」に転換している点だ。そして、侵略される側にお説教をする一方で、侵略する側には大いに寛大だ。非道なことでも、既成事実を作ってしまえば追認する、ということなのか。
 そして、フセイン政権が事実上崩壊した直後の4月11日の「破壊の跡に何 を築くか」は、まれにみる駄文であった。社説の大部分は、この戦争の非道・ 不法性にはほとんど触れずに、「私たちが求めたように、フセイン氏が開戦前に 退陣・亡命していたら、膨大な人命が失われずにすんだ。残念でならない」「今 回の政権転覆は、米英軍の一方的な侵攻なしには実現しなかった」などと述べ、 現状追認の姿勢を示した。・・・・・「長いものには巻かれろ」。いっそのこと、こんな社説でも書いた方が分かりやすい。(投稿文おわり)

 朝日新聞は、「悪さ」という面において、読売新聞に近づきつつあるようだ。朝日新聞で真のジャーナリズムといえる論説をぜひ読みたいものだが、それは無理なことなのだろうか。・・・・・

無理な理由の一つ:黒田清「批判ができない新聞」

tjst |12月20日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000373.html |イラク戦争 , メディアの諸問題 , メディアの情報操作
Comments

分類「 イラク戦争, メディアの諸問題, メディアの情報操作」の記事より

国立大学の独法化を煽ったジャーナリズム - 12/18
放送と人権等権利に関する委員会機構、NHKの放送倫理違反認める - 12/13
NHK の情報操作:「ようこそ日本人」が「ようこそ自衛隊」に - 12/12
読売新聞社の不公正報道に強く抗議する - 10/27
神奈川新聞社への横浜市立大学教員組合書簡 - 10/23
「ニュースをどこまで信じていますか?」 - 10/18
自民党行政改革推進本部が廃止を宣告した独法は廃止されるのか? - 9/06
「NHKは神か」 - 8/01
野村一夫「ジャーナリズムの構成要素は報道と言論である」 - 7/30
島田三喜男「新聞は戦争責任を忘れたのかーーマスメディアの体制化の一考察」 - 7/30
意見広告の会事務局より:新聞記事調査への協力依頼 - 7/29
読売新聞はいつまで情報操作を続けるのか? - 7/29
朝日新聞、NHKなどの虚偽報道について[35年前も「東大総長の信任投票」は行われていない] - 7/27
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
NHKより巧妙な朝日の粉飾報道:東大総長の「信任」 - 7/25
東大評議会についてNHKが誤報 - 7/24
意見広告の会より:地元紙の3−7月の報道状況のチェック依頼 - 7/24
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
朝日7/21「自立に向け意識改革を」についての質問書 - 7/23
毎日: <弁護士資格>大学教授への特権廃止 政府 - 7/23
黒田清「批判ができない新聞」 - 7/22
落合恵子(作家)氏他:社民党の辻元さん等の逮捕に対する声明および賛同のお願い - 7/22
「法を守る」とは何かが問われている - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21