2003年12月17日

"その都度、人間は安易な処方箋を信じて自壊への道をたどった"

中村哲 『「アフガン復興」のその後 』北海道新聞2003.12.16 夕刊
ーー「ブーム」の結末に悲憤 収まらぬ大旱魃、治安最悪、難民のUターンーー

・・・・・・そこで語られる「自然」とは、しばしば虚像であり、森羅万象さえ操作できるという科学技術への過信がある。かくして人権や自由と民主主義という「自明な大義」さえ、時代の共有する迷信の一部であると気づくのは困難でなくなった。私たちはとんでもない時代に生きているのだ。

過去にも閉塞の時代はあった。その都度、人間は安易な処方箋を信じて自壊への道をたどったのである。今より百年後、私たちが過去を壊したり、賛美したりしたのと同じように、現在が裁かれる時がくるだろう。しかし、時を超え、場所を超え、変らぬものは変らないだろう。美しいものは美しく、神聖なものは神聖であり続けるだろう。幸不幸も同様である。

私たちの思想や思考もまた、錆びてしまった。だが、自省のない暴力や経済への信仰が力を持つのは恐ろしい。破局は既に始まっている。心ある若者たちの健全な感性を尊重したい。「後世畏るべし」「新しい酒は新しい皮袋に入れよ」ーこれは二千年前の賢人たちの言葉である。(なかむら・てつ=医師、ペルシャワール会 代表)

関連リンク:

言問い亭2003.11号
第272号 −− 米軍ヘリがペシャワール会工事現場を機銃掃射 −− 2003.11.13

言問い亭2001.10号
第225号 −− 難民にすらなれない人たち −− 2001.10.11

・・・・・ 「今度こそ、危険な地帯に日の丸を掲げたい」などと興奮している小泉総理に申し上げたい。「日の丸は17年も前から、危険地帯に何本も立っていたんですよ。ただ、あなたにはそれが見えなかっただけだ。九州男児・中村哲さんの爪の垢でも煎じて飲め!

 第228号 −− ペシャワール会訪問記 −− 2001.12.11

tjst |12月17日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000366.html |イラク戦争 , 荒廃の諸相 , 国際問題
Comments

分類「 イラク戦争, 荒廃の諸相, 国際問題」の記事より

「権利(right)と特権(privilege)の違い」 - 10/18
国民愚弄の姿勢は総選挙の争点にならないのか? - 10/18
事態を甘く見すぎてはいないかーJCJ 視角より - 10/13
『悲劇の教訓』――もうひとつの9・11事件30周年を記念して - 10/13
書評:「ぷちナショナリズム症候群」香山リカ著 - 10/12
規律訓練型権力から環境管理型権力へ - 10/03
国対型国会運営の定番:「テロ特措法延長修正案」を提出し民主が自民を援助 - 10/03
JANJAN 9/10 「ODAで根こそぎにされた人々の問いかけ(1) コトパンジャン・ダム訴訟」 - 9/11
「衆議統裁」の蔓延 - 9/09
TUP 速報より「 [公開書簡] 彼らは何をやってしまったのか」 - 9/08
朝日新聞9/3「就学援助受ける児童生徒が急増 不況影響、10人に1人」 - 9/04
「悪化する職場のメンタルヘルス・・・・・」 - 8/28
出生率トップは父母とも「管理職」…人口動態調査 - 8/28
在日アメリカ人学者による大学批判の本 - 8/26
伊丹万作:「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。 - 8/13
[reform:04921] 都立大に吹き荒れるファシズムの嵐 - 8/05
「都立の新しい大学の構想について」に対して抗議する - 8/05
国公私立大学通信8月3日序 - 8/03
asahi.com 8/1:「単位バンク」で柔軟カリキュラム 統合後の都立新大学 - 8/02
「NHKは神か」 - 8/01
1998.12 「自由で独立した裁判官を求める市民の会」 - 7/30
イラク特別措置法可決における与野党談合? - 7/26
行政を代弁して憚らない記者達 - 7/24
黒田清「批判ができない新聞」 - 7/22
宮脇磊介「騙されやすい日本人」より - 7/21