2003年09月24日

東京都立大学人文学部英文学専攻教員有志アピール 2003/9/21

http://toritsueibun.hp.infoseek.co.jp/appeal.shtml より
「この声明にご賛同いただけましたら、ぜひともmetro-e-owner@egroups.co.jp までお名前とご所属(またはお住まいの市町村名)をご連絡ください。」(都立英文学会HP



「東京都立大学では、石原慎太郎氏が都知事に就任直後の2000年はじめ頃から、都立4大学(東京都立大学、都立科学技術大学、都立保健科学大学、都立短期大学)の再編統合を柱とする大学改革が進行してきました。

 東京都庁(大学管理本部)と大学側の代表が参加した機構による協議が行われ、さまざまな紆余曲折を経て、一定の新大学構想がまとまり、2005年4月の開学に向けて実務作業が大詰めにさしかかっていた本2003年8月1日、石原知事は記者会見において従来の改革準備機構の廃止と新しい機構の設置、従来の改革構想の廃棄と新構想概要の発表を行いました。

 新しい改革準備機構は、現4大学の大学運営機構を排除して東京都庁(大学管理本部)に決定権を集約したものであり、新構想概要は学部編成、学部名称、学部内のコース配置など本年7月までの計画とはまったく異なったものでした。」

中略

「以上ご報告した上で、わたしたち東京都立大学英文学専攻教員有志は、以下の声明を発表します。

1.わたしたちは、都立新大学設立準備作業において、学生・院生、教職員が協議過程から排除され、情報から遮断され、意見を述べる自由、情報を伝達する自由を制約されている状況を、民主社会で共通に承認されている意志決定手続きから逸脱しているものと考え、この事態に強い反対の意思を表明します。

2.わたしたちは、現東京都立大学英文学専攻所属の学生・院生が、新大学設立後も現在の学習、研究条件を保証され、東京都によって約束された権利を侵害されることのないよう、東京都に強く要求します。......

tjst |9月24日 |URL:http://www.ac-net.org/dgh/blog/archives/000160.html |不当な介入
Comments

分類「 不当な介入」の記事より

今年のセンター入試に関するネット世論 - 3/07
平気で嘘をつく人々の記録2:東京都知事 - 12/30
マルコス「商品としての大学」 - 11/30
学長の背任を批判ーー横浜市立大学国際文化学部教授会10/28 - 11/02
都立大学:10/15学生説明会に500名余が参加 - 10/18
東京歴史科学研究会委員会声明10/16 - 10/18
都立大の危機 FAQ 廃校 or 改革? - 10/16
北陸大学:授業のない教員の解雇を表明 - 10/11
大学改革案における教員任期制の導入に関する横浜市立大学商学部教授会意見 - 10/07
都立4大学の統廃合をめぐる危機の現状(2) - 10/03
都立大学総長の「抗議声明」2003.9.29 - 10/01
都立大学管理本部に対する緊急シンポジウム参加者・賛同者一同からの公開質問状 - 9/29
東京都立大学人文学部文学科5専攻から大学管理本部宛質問状 - 9/25
東京都立大学人文学部抗議声明 2003.9.25 - 9/25
9/28「都立4大学の廃止に関する緊急シンポジウム」 - 9/21
サイト紹介:石原都政の下での都立大学改革を考えるホームページ - 9/21
都立4大学の統廃合をめぐる危機の現状 - 9/11
在日アメリカ人学者による大学批判の本 - 8/26
総合科学技術会議、国立大を独自評価 - 8/26
「いやだとか,へちまだとか言うだろうが,そんな者は辞めたらいいんでね.」 - 8/23
“欺瞞の塊り”「プロジェクトR」 - 8/21
[reform:04921] 都立大に吹き荒れるファシズムの嵐 - 8/05
「都立の新しい大学の構想について」に対して抗議する - 8/05
asahi.com 8/1:「単位バンク」で柔軟カリキュラム 統合後の都立新大学 - 8/02